リユースについて

- リユースについて

リユースについて

粗大ごみや不用品の回収と言えば、処分するだけではなくリサイクルという方法があります。
しかしリサイクルではなくリユースするという方法もあり、このリユースを強みとしている業者も存在します。

リユースってどういう意味?

リユースは平たくいえば再利用という意味ですが、これはリサイクルとは少し違った意味合いになります。
まずリサイクルの場合、不用品として捨てられたプラスチックや鉄などを加工して別の物として生み出す方法を取ります。
しかしリユースは加工などせずに捨てられた物をそのまま使う事を言います。
これは捨てられた車を修理して他の誰かが使うような事だ、と説明すると分かりやすいでしょう。
そしてリユースは加工する必要がないし、不用品に利用価値を与えて使い続けるという意味ではリサイクルよりも環境に良いと言えます。
逆にリサイクルというのは物を加工する訳で、加工するためにはコストがかかるのですから、決して完全無欠のエコ活動と断言出来るものではありません。

リユースを考えて不用品を捨てる

粗大ごみを回収に出すなら、家電はもちろんテーブルやソファーなど、使おうと思えば使える物は沢山あるはずです。
また、引っ越しなどで古い物を捨てる人は多く居ますが、大半は清掃すればまだまだ使えるのに処分してしまっているケースが少なくありません。
それはとても勿体ない事なので、リサイクルに出して加工する必要なくまだ使える物があるなら、それはリユースに強い業者に出した方が良いです。


リユースに対しての意識を高めよう

リサイクルは人々に強く根付いているエコ活動ですが、それは言い換えると「リサイクルに出すから気軽に捨ててもいい」という風潮が強くなっているとも言えます。
リユースの活動については、こちらのサイトも(http://www.city.naha.okinawa.jp/kakuka/haikibututaisaku/puraza04riyususaiseikoubou.html)参考にしてみてください。
それに、いくらリサイクル出来るからといって何でもかんでも物をゴミにしてしまうのは環境的とは言えません。
自分にとっては不用品でも、他の誰かにとっては使い道のある必要品になる事はあります。
捨てるゴミの中にまだ使える物があるなら、積極的にリユースへ出す意識を持ってみましょう。

Copyright(C)2015 粗大ごみや不用品は業者に任せよう!業者活用術を公開! All Rights Reserved.